糖質含有量の少ないお酒リスト

 


アルコール類全般に言えることですが、お酒はカロリーは高いものの、体内ですぐに燃やされて蓄積しないので「エンプティーカロリー」と呼ばれています。

 

また、お酒を飲んでも血糖値は上がらない

 

お酒は高カロリーですが、飲んでも必ずしも血糖値が上がるとは限りません。

 

お酒にもいろいろな種類がありますが、大事なのは糖質の含有量でです。

 

糖質が多いお酒は飲むと血糖値があがるので、肥満の原因になります。

 

糖質の多いお酒はビール、日本酒、果実酒、紹興酒などになります。

 

逆に焼酎やウィスキー、ブランデー、ウォッカなどの蒸留酒は糖質ゼロです。

 

 

 

白ワインがおすすめ

 

ワインは糖質を少し含みますが、適量なら比較的大丈夫な部類に入ります。

 

しかも、翌日の血糖値を下げる効果があります。

 

特におすすめなのは白ワインですね。

 

炭水化物の含有量が赤ワインに比べて少なくて大腸内の悪玉菌を殺す作用もあるので、肌のトラブルにも有効だと言えます。

 

お酒を飲むときにおつまみを食べると思いますが、おつまみも低糖質のモノを選びましょう。

 

生ハム、枝豆、チーズ、ナッツ類などは糖質が少ないのでおすすめで、お刺身なども良いですね。

 

 

 

 

アルコール100mlあたりの糖質量

 

主なアルコール飲料の糖質量をご紹介しますので、参考にして下さい

アルコール名 糖質量
焼酎・ロック

0g

糖質ゼロビール
ブランデー
白ワイン 1.5g
赤ワイン 2g
ビール 3g
缶チューハイレモン 4g
缶カクテルカシスオレンジ 7g
梅酒 21g
 
トップへ戻る